金田アツ子|春からの仕返し | KIRI to RIBBON

1/3

金田アツ子|春からの仕返し

¥44,000 税込

残り1点

別途送料がかかります。送料を確認する

★販売は先着順となります。

★こちらの商品は【着払いゆうパック】にて発送致しますので、当サイトでのお支払い金額は【商品代金のみ】となっております。サイトの設定上[全国一律0円]と表示されますが、送料は発生致します。発送のご連絡時に着払い送料をお知らせ致します。他の商品と併せて複数点ご購入の際は送料をおまとめ致します。

★配送のご希望がある場合は、備考欄にご記入願います。
・曜日
・時間帯【午前中】【12〜14時】【14〜16時】【16〜18時】【18〜20時】【20〜21時】
ご指定がない場合は【一番早い発送・時間指定なし】でお届け致します。
お日にちの指定に関しては、ご入金日翌日より7営業日(土日祝休)以降のみご指定可能です。



金田アツ子 & Belle des Poupee 二人展《エミリー・ディキンソンの温室》出品作品。
新訳付作品集『Emily’s Herbarium』掲載作品。
・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
私は大丈夫、なんて思っていると
からめとられ とじこめられ
身動きがとれなくなってたりする。
それが春です。
あなたは全然大丈夫じゃないよ、
甘い香りのする檻で
嘘のない自分にたどりつくまで
そうしてなさい。
って 誰かに言われた気がしました。

……Atsuko Kaneda
・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
《1368》
エミリー・ディキンソン|詩
維月 楓|訳

ライラックの海のうえ
絶え間なく揺れれば
天鵞絨の警告
春から逃れ去る者を
仕返しに春は放り込む
芳香の宣告へと――
・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

ライラックの海の上で、馨しい香りを聞くように身をゆだねるひとりの少女。身をゆだねながらも、こころの中に、香りの届かない場所を持っている。面差しが少し大人びているのは、そのせい。

香りへの敬愛、好奇心と同じぐらい、警戒心を持っている。美しいものにすっかり身をゆだねてしまうことに、少しのためらいがある。息を止めなければ体に入ってくる美しい香りに、戸惑う日がある。

美への純粋で強い思い、それ故に揺れるこころの機微を、一枚の油絵にして——

★作品情報
油彩・シナベニヤ
作品サイズ|19.8cm×13.5cm
額込みサイズ|26cm×19.5cm×2.5cm
制作年|2020年(常設作品)

★発送時期
ご入金日翌日からカウントして7営業日以内(土日祝休)に発送の手配を致します。

★返品・交換について
作品や商品に不備があった場合は、商品到着後、7日以内にご連絡願います。作品については問題解決後にお届け、商品については良品と交換させて頂きます。但し、代替品をご提供できない場合は、交換ではなく返金対応とさせて頂きます。返送や交換にかかる送料は当方で負担します。
お客様のご都合による返品は受け付けておりませんので、ご不明な点はご注文の前にお問い合わせ願います。

*画像の色味はできる限り現物に近づけておりますが、ご覧頂く環境により見えは変化します。ご了承願います。

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (273)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥44,000 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品